含まれる栄養素意外な効果苦味の秘密商品徹底比較

知っておきたい青汁の注意点

青汁は基本的には身体にいいものです。
ですが健康補助食品であり、自分で決めて自分で飲む薬ではないけれど、健康を管理するものです。
全ては自己責任になることを心がけておきましょう。

しかし純粋な野菜の汁だけの青汁の場合はほとんど副作用はありません。
無農薬、無添加、有機栽培の青汁はデトックス効果もあり、身体の中から綺麗になると言ってもいいでしょう。
しかし添加物が含まれている青汁や栽培方法が分からないような青汁には注意が必要です。

副作用とまではいかなくともアレルギーなどが起こってしまうことがありますので、症状がでてしまったら医師の診断を受けましょう。
また箱に書かれている容量を守るようにしてください。
1日に1、2杯が主な青汁の分量のはずなのに身体に良いのならばたくさん飲んだ方がいいとか、便通が良くなるとあったのにお腹に変化がない。

と、容量を守らずに飲みすぎる人がいます。
そんなことを続けていれば、嘔吐や下痢などの症状を起こしてしまいます。
便秘が続いていたから下痢になるというのは間違いで、青汁の量が多すぎるのです。

実際に規定量を守っているはずなのに下痢になるという人もいますので、そういう人は青汁の量を減らして身体に慣らすことをお勧めしています。
特にお子様などには注意してあげてください。
そして一番大切なことは腎臓に病気を抱えている人は青汁を飲むことは良いことではありません。

青汁の中に含まれているカリウムという成分が、症状を悪化させてしまうことになるのです。
またワルファリンとは血栓予防薬を飲んでいる人も薬の効果が弱くなってしまいますのでやめてください。
青汁と薬ならば、必ず薬を優先してください。

薬は命を預かる医師が処方してくれているものだからです。
こんな病気だけど青汁を飲んでもいいのかと不安を感じた時には医師に相談して、飲んでよいかどうかを尋ねてからでも遅くはありません。
身体をよくするための青汁なのですから間違った飲み方をしないようにしましょう。