含まれる栄養素意外な効果苦味の秘密商品徹底比較

青汁の苦味の秘密

青汁は何故苦いのかと言われていますが、最近は苦みがない青汁も多く飲みやすい青汁が多くあります。
では何故青汁が苦いなどと言われているのでしょうか。
苦い野菜でもない限りは、普通野菜は甘みがあるものが多いものです。

しかも無農薬、無添加、有機栽培で新鮮な野菜はそのまま食べても美味しいものは多いのです。
答えはケールにあります。
青汁の代表とも言われているケールが苦味を持っているために青汁が苦いというイメージが強くなってしまったと言えます。

また青汁の原料は青菜関係が多いために、青臭さが不味いというイメージになってしまっているのでしょう。
ケールの苦味にはきちんと理由があり、苦味成分の元は「スルフォラファン」といいます。
成分は解毒、抗酸化作用に優れているばかりか、ガンの予防効果もあるものですので、排除はしません。

また苦味に気を取られて感じにくいのですが、ケールには辛み成分も配合されています。
「イソチオシアネート」にも同じ作用があり、他にも血液の凝固を抑え血液をサラサラにしてくれるという効果があります。
これらがケールの味をきつくしていると分かっていても、取り除くことができない原因であり、「野菜の王様」としての力の源と言えます。

そんなにいいのならばケールの青汁を飲むべきかと思われても味覚の問題から飲めない、飲み続けられない人もいます。
良薬は口に苦しという言葉があるように、これは身体にいいと我慢して飲む人もいますが、憂鬱な気持ちで青汁を飲み続けることになってしまいます。
健康のために青汁を飲むのにストレスを感じたりしていては本末転倒で意味がありません。

ケールの青汁を飲みやすくするためにメーカー側もレモンと合わせたり、ハチミツと合わせたり、他の青汁の原料と合わせることによって飲みやすくしています。
他の原料と合わさることによって、その中に含まれている成分をも摂りこめますので、飲みやすい青汁を選んで気持ちよく青汁を続けましょう。