含まれる栄養素意外な効果苦味の秘密商品徹底比較

おススメ!青汁活用法

青汁には様々なレシピがありますが、何故こんなにもレシピがあるのでしょうか。
確かに青汁は飲みやすくなったとはいえ、飲みにくいという人もいるのです。
そのために作られたと言ってもいいのかもしれませんし、飲むだけではなく料理に使った方が子供に食べさせやすいという親の工夫から生まれたのかもしれません。

青汁は飲むだけではないということを教えてくれるレシピがたくさんあります。
レシピで有名なのは青汁入りのパンケーキです。
「グリーンパンケーキ」という名前が付けられているものもあります。

作り方はホットケーキを作る行程で、青汁を材料を混ぜる段階で加えて焼くだけです。
子供の朝食やおやつに手軽に作れることからも人気があります。
カップに加えてのカップケーキや、ドーナツの材料にとおやつのレパートリーもあり、青汁を摂れるだけではありません。

手作りのおやつということでも喜ばれるのと身体のために嗜好品のおやつばかりではないのもいいでしょう。
食事にアレンジする場合もあれば、カレーなどの濃い料理に混ぜて分からなくしてしまうこともあります。
意外と多いのが味噌汁に入れることです。

元々青汁は野菜です。
野菜の味噌汁として飲みやすく、朝食の1杯に飲む人もいます。
他には夜食などで小腹が空いた時にインスタントラーメンやカップ麺に入れると野菜の栄養分を摂ることができます。

このように料理が作れないような忙しい状態でも青汁を添えることによって野菜の栄養分を補うことができます。
勿論、青汁ばかりに頼ることなく野菜を少しでも摂ることは心がけましょう。
例えばトマトなどはリコピンを含んだ青汁とは違った野菜で、丸かじり可能で調理が不要な野菜として手軽に食べられます。

青汁を使った料理のレシピはアイデア次第でどんどん増えています。
野菜ということもあって合いやすいということもあるのでしょうが、調理の可能性は広がっています。
飲むのに飽きてきたら試してみて、青汁を飲み続けましょう。