含まれる栄養素意外な効果苦味の秘密商品徹底比較

青汁で病気予防

青汁を飲むことで病気が治るということはありません。
しかし病気になることを予防するということは可能なことです。
勿論、絶対に病気にならないなどということはありません。

ですが病気になる確率を下げることはできるのです。
例えば青汁を飲むことによって、コレステロールを下げたり高血圧を予防することができます。
それは糖尿病や高血圧による脳や心臓への負担を減らすことになります。

しかもドロドロの血は血管がもろくなったり弱めたりします。
その結果動脈硬化やさらには、やがて脳梗塞や脳溢血、心筋梗塞や狭心症といった多くの生活習慣病が起きる原因となることがあるのです。
青汁には、野菜独特の青臭さのもととなっている成分で、血管をふさいでしまう血栓の生成を抑制する効果がある「ピラジン」と呼ばれる成分があります。

その成分により、ドロドロした血をサラサラした血に変えて体内の隅々まで巡らせることによって末端まで血液や栄養の巡りを良くします。
また恐ろしいガンの発生を抑えるのにも青汁は力を貸してくれると言われています。
まずは活性酸素による細胞の攻撃を抑える抗酸化酵素の存在です。

青汁によって名前は違いますが、大麦若葉ならばSOD(スーパーオキシドゾスムターゼ)、パーオキシターゼという2大抗酸化酵素。
明日葉ならばカルコンのポリフェノールというように植物が原料の青汁には量の違いはあれど、含まれています。
また明日葉にはクマリンという成分もガンを抑制する効果があると言われています。

そして何よりも緑黄色野菜から作られた青汁はヘルパーT細胞という免疫機能を活性化させる働きがあります。
キラーT細胞やB細胞、さらには免疫機能を持つ成熟T細胞や、免疫機能の向上に役立つサイトカインが含まれていることも分かっており、NK細胞を活性化してくれるとされています。
規則正しい生活、しっかりとした睡眠、適度な運動に、バランスの良い食事という健康を守る生活に青汁を加えてみませんか。
同じ病気予防の健康食品として、プロポリスもあります。
こちらには青汁にない抗菌作用があり、ガン予防などに効果を発揮します。
青汁と合わせることで、病気知らずの身体になれるかもしれません。