含まれる栄養素意外な効果苦味の秘密商品徹底比較

気になる青汁の歴史

実は青汁の歴史をたどれば千年以上の歴史があり、日本最古の医書「医心方」にも書かれているそうです。
その青汁が再び注目されるようになったのは戦中、戦後の食べる物がなく、後の遠藤博士が葉に栄養があることに注目しています。
所属していた近辺に配ったところ、身体の調子がよくなり、栄養不足から逃れられた人が多くいました。

戦後に医師のかたわら青汁の研究を進め、ケールにたどり着きケール100%の青汁を作るようになりました。
その際に「農薬や化学肥料で栽培したものでは駄目」「ビタミンやミネラルをバランス良く摂るには清浄なケールを使用する」。
という信条の元に青汁を作られ、それは今の青汁の素にもなっています。

ですから苦くて飲みにくくても青汁=ケールとされているのです。
遠藤博士は青汁の父という呼び名がついています。
ちなみに青汁と命名したのは遠藤博士の夫人と言われており、昔は緑を青とも呼んでいたことから、緑の汁で「青汁」とされたようです。

しかし青汁は飽食時代の中で九州の一部の地域以外ではあまり飲まれていませんでした。
それが変わっていき始めたのは「不味い。もう一杯」というCMと某バラエティ番組によってです。

その番組内での青汁は罰ゲーム扱いでしたが、不味いけれど身体に良いという扱いから全国的に知名度が上がりました。
さらにあまりに不味いと言われるので各メーカーもそれぞれに飲みやすい味に改良していくようになり、今では数えきれないほどの様々な青汁が出回っています。
今では青汁は野菜不足を補う味方であり、健康を維持する栄養分を含んでいる飲み物であり、ダイエットにも使用されています。

青汁の目的意識は変わったかもしれませんが、その豊富な栄養成分を身体のために活かすという方法は変わっていません。
飽食時代でありながら野菜不足になりがちな現代人の健康を助けてくれるのが青汁です。
今は昔よりも飲みやすい青汁も多いことから、再び健康補助食品として注目を集めています。