含まれる栄養素意外な効果苦味の秘密商品徹底比較

いつまでも元気でありたいから

青汁には様々な成分が配合されており、今では青汁も目的によって飲み分けられてしまっているようなものなのです。
健康を保つ成分には多くの成分がありますが、ここであえて注目したいのは抗酸化酵素です。
元々人間には抗酸化酵素を作り出す力があります。

SOD(スーパーオキシドゾスムターゼ)、パーオキシターゼ、カタラーゼという3つの抗酸化酵素が活性酸素を抑えて、バランスを保っていました。
しかし年齢と共に抗酸化酵素を作り出す力は弱くなってしまいます。
つまりは活性酸素は抑えられなくなってしまうのです。

活性酸素とはエネルギーになったり、身体の中に入ってきた細菌などを撃退するための成分なのです。
ですが、発生しすぎることによって正常な細胞まで傷つけてしまうことになります。
これは身体の酸化作用でこのことから、身体がサビついてゆくようになり、ガンなどが発生してしまうこともあります。

青汁は植物である野菜から作られているのですが、抗酸化酵素が豊富に含まれています。
青汁を飲むことによって身体の中で作られることが少なくなった抗酸化酵素の量を増やし、活性酸素を抑えることが身体の内外の老化を抑えることになります。
身体が老化するのは遺伝子によって決められているために避けることはできません。

しかし紫外線を浴びてできたしみやしわの緩和や、活性酸素によって血管などが硬質化してしまわないようにできます。
そうすることによって細胞の老化を少しでも遅らせ、元気に過ごせるようにするのです。
年齢と共に体内で作られなくなるのは抗酸化酵素だけではありません。

様々なものがありますがカルシウムのその中のひとつです。
骨や歯の形成に必要なカルシウムと思われがちですが、実は特に心臓の筋肉を動かすのに必ず必要です。
そのせいか足りなくなったら遠慮なく骨から取っていきますので、骨粗鬆症などの状態が起こります。

骨が折れたりすることで寝たきりになりますと身体の機能は一気に低下します。
そういう意味でも大事な成分と言えます。

↓青汁はおいしい水で飲もう