含まれる栄養素意外な効果苦味の秘密商品徹底比較

青汁に含まれる栄養素とは

青汁に含まれている栄養素で有名なのは様々にあります。
代表的なものを一例として挙げていきましょう。
「食物繊維」は青汁の中でも大きく占められており、今では野菜の成分には欠かせないものといってもいいでしょう。

しかし昔は食物繊維は「吸収されない」「必要な栄養素まで出してしまう」食べ物のカスだと考えられていたのです。
研究の結果、食物繊維は身体に必要な第6番目の栄養素として位置づけられるようになりました。
効果としては胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみ、腸を刺激して蠕動運動を活発にし、便通を促進してくれます。

便秘に悩む人が青汁を飲む理由になっているほどです。
「ビタミン」も豊富に含まれており、その種類は多くあります。
ビタミンCは肌を綺麗にする栄養素というイメージがありますが、欠乏してしまうと壊血病という恐ろしい病を引き起こしてしまうほどに大切な成分です。

主な働きとしては、ウイルスと戦う白血球の働きの強化による免疫力の向上が挙げられ、風邪などをひきにくくなり、ひいても治りやすくなります。
ビタミンEは抗酸化作用を強くもったビタミンです。
その効果により身体を錆びつかせるとされる活性酸素から守り、動脈硬化を防いだり老化を遅らせてくれます。

他にも多くのビタミンが青汁の中には含まれています。
「ミネラル」も様々な成分が含まれています。
カルシウムは骨や歯の形成に多く使われていますが、血液や筋肉、神経などにも必要なものです。

イライラを防ぐ精神安定としての役割や心臓の周りの筋肉などにも使われているために足りなくなったら骨から成分を取り出して補うとされています。
そのためしっかりと摂る必要のある栄養素のひとつと言えます。
また他にも野菜などに含まれる葉酸やGABAなどといったものもありますし、青汁の原材料の違いによって含まれているものも違いはあります。

青汁の成分を知ることで自分が必要とする栄養素を知り、目的にあった青汁を選ぶようにしましょう。